旦那のいびきがうるさくて寝れない時は趣味の手芸をします。

はまっている趣味は手芸で、小学生の頃からやっています。

家の近くに手芸屋さんがあって、そこでフエルトを買ったのが始まりです。

5cm×5cmの小さなフエルトです。

家に帰ってから画用紙に簡単なチューリップを書いて型を作って、フエルトに型紙をのせてなぞって切って、縫い合わせて綿を入れ、髪を結ぶゴムに付けました。

可愛くて色々な色のフエルトを買ってきて、沢山作って友達にもあげた気がします。

その後、色々なものを作りたいと思うようになりました。

そして、小学校の図書室に行きフエルトで作れる作品が載っている本を借りてきて、ペンケースやマスコット等、色々なモノを作りました。

本は1週間で返却しないといけないのですが、1度返却の手続きをしてまた同じ本を借りるということを2か月くらいやった気がします。

小学校5年生になると、小学校の授業で家庭科の授業が始まり、とても嬉しかったのを覚えています。

今までは手縫いで色々作っていたのですが、ミシンを扱うようになってから最初は上手く出来ず苦労しました。

扱う布もフェルト以外のモノにシフトしました。

定期購読の雑誌を取り寄せていたこともあります。

本とキットが一緒になっているモノです。

今月は何が作れるんだろうと本が届くのを楽しみに待っていましたが、中には作りたくないようなモノがあり、途中で購読をやめてしまいました。

旦那のいびきうるさい寝れない時が度々あるので、そんな場合は夜中でも小物を作ったりしています。

1枚の布だったのが、色々な形になっていくのが楽しくて、気がついたら朝になっています。

手芸で小物を作るのが好きなので、貰ってくれる人が居ないと困る時もあります。

あと布は意外と高いので、100均を利用することもあります。